ライフハック芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんコスプレ芸人ウェルダン穂積~ポケットの中で自由のための闘争をする(*‘∀‘)

MENU

ドラマ

おもんない動画あり「マジで結婚できない男、マジで心配される。」

y 台風の中、 お店で缶詰になり、せっかくなので どうしても撮りたかった動画を 撮って、アドリブで 「まだ結婚できない男」 GYAO!アプリより の動画を撮っていたら 職場の優しいネパール人に 「結婚しないと本当にヤバいよ!」 と心配されているウェルダン…

「大河ドラマ「いだてん」は何だかんだで熱い!」後編「平和と復興の祭典の意味」

前編 blog.akibaevent.com 一気見してるととにかく熱い、そして深く、重い。 実は一番おもしろい大河なんじゃないか、とさえ思える。 なぜか、というと、オリンピックという現在進行形の日本の形と、戦争に踏み込んだ社会をリアルに痛感させられるという要素…

大河ドラマ「いだてん」は何だかんだで熱い!「あの熱狂と感動を知らずに死ぬのか!」

取り溜まっている、いだてんを見ていると すんごく面白い。 何だかんだで現代劇であり、オリンピックを控えた日本。 その招致に奮闘し、スポーツで誇りを切り拓いてきたものたち、、 「天皇陛下の御尊顔を拝したまわった」と感激して涙する近代スポーツの父…

世にも奇妙な物語で郷ひろみがヒーロー役になっていて面白かった件

「世にも奇妙な物語‘19 雨の特別編」の番宣で ヒーローものに郷ひろみさんが出ているので その部分だけをみた(;´∀`) 郷さんの独特の演技 「世界の平和を守るんだ!」などの言い方が 全部「獣は裸になりたがる!」風で 言い方が郷ひろみ節 設定がおもしろ…

半沢直樹続編決定!を動画で語らせていただきました!

こないだの休みに いつまで経っても進まない 動画撮影計画をいろいろ考え、 とりあえずやってみないと分からない、ということで わからないこと、足りないことをまず明らかにしようということで バーっといろいろ撮影してみました。 youtu.be 半沢直樹続編へ…

白い巨塔の最終夜がやっぱりよかった。白い巨頭のすごいドラマ構成

最終夜が圧倒的におもしろかった。 www.tv-asahi.co.jp 凄いなーと思うのが あのドラマ、前半の教授まで上り詰める過程での 財前(岡田准一)の野心と後半の驕り、 里見(松山ケンイチ)の誠意と姿勢が きっちり描かれていけば描かれるほどに後半活きてくる…

しまった!「白い巨塔」見逃した!どうする、どうなる白い巨塔

唐沢寿明版がいい、 田宮二郎版がいい、など盛り上がってますが ラストシーンがどう描かれるか、気になる 思い出深い衝撃のドラマ www.tv-asahi.co.jp たしか唐沢寿明版の時はアウシュビッツ強制収容所のロケでカメラが入っていた気がする。 世界初のロケだ…

ついに「半沢直樹」の続編が決定!今度こそか。

何度か、確定したはずの報道があっても 始まることのなかったドラマ「半沢直樹」の続編。 news.yahoo.co.jp 今度こそ確証のありそうな続編決定!・・・・か(;'∀') 海外でも(意外にも中国でも) 人気のある半沢直樹. 権力構造へ立ち向かうテーマ。 勧善懲悪…

杉咲花は確実に大ブレイクする、というかしてるから(゚Д゚;)衝撃事実!

BLEACHの実写映画を観て 「いや、ソウルソサエティって言えてないよね!(;゚Д゚)」 と難しすぎる役を心配しながら見て以来 杉咲花(すぎさきはな)さんの応援をしている自分に気がついた。 最近、大河ドラマ「いだてん」で 突然杉咲花さんが登場してビックリ…

NHK大河ドラマ「いだてん」は超面白いよ

ピエール瀧さんの件でよけいに風当たりが強いですが、 溜まっていたのを一気見したら超おもしろかった。 見所が難しい。 時間軸を行ったり来たりするのが嫌がられたが、 これ最近だと、行ったり来たりして同じ事件をなぞってくれる分、忘れていても入ってく…

ドラマのトクサツガガガは最終回がよい「好きってなくなってしまうものかな」

漫画版の方が良いなー、思ってたのだけれど、最終回前と最終回はドラマならではの生々しい親との喧嘩リアリティと痛みがあり、 劇中特撮エマージェイソンは大泣きした。 好きってなくなってしまうものなのか? あの時の感動、あれからの知識、好きは変質して…

続・トクサツガガガがおもろすぎ

すごい! 作者が謙虚で正直に(ネタないよ、とか絵が描けないとか) 語る巻末のコラムも応援したくなる つまり、萌える。 オタクの感情に同化できるようである。 blog.akibaevent.com これ、巨大ロボの設定のロボも発売できるし、過去作という設定の戦隊モノ…

トクサツガガガがおもろすぎ「漫画で間に合う!」

www.nhk.or.jp kindleで漫画版が期間限定で読める 内容がシンプルでわかりやすく 泣ける ただ特撮の豆知識を並べるというより メッセージ性とリアリティがメインで ストレートに、まさに特撮ヒーローのストレートな 勇気と正義の心が描かれているようだ これ…

ドラマ「フルーツ宅配便」がすごすぎる「重すぎる30分」

深夜にやっているドラマ フルーツ宅配便がすごすぎた。(主演:濱田岳) www.tv-tokyo.co.jp なんだかデリヘルの設定が尖がってて注目されていたのでなにげなく録画したが・・・ デリヘルってのは健康をお届けするフルーツの宅配業者の話のはず、ですよね(;'…

大河ドラマ「西郷どん」最終回がよすぎ。愛の描き方

時代の 波に乗れなかったもんがいる・・・ それは西郷さん、ではなく 侍であり、その器となり散った西郷隆盛だったのだろう。 最終的には謎が多いらしく 西郷さんの胸中はどうだったのか。 ただ、ドラマの最終話付近は本当に素晴らしく、 敬天愛人の言葉の通…

司馬遼太郎の良いところ

好きな作家と言われると、司馬遼太郎、と反射的に答えるが、 それでいいのか?とも思う・・・ 歴史小説家であり、 なんだか煙に巻いているような気がするからだ。 没個性のような気が(;´∀`) でも、あらためて考えると司馬遼太郎を読んでいると 「謙虚」にな…

幕末抜けての明治初期は物語としておもしろすぎる「日本人ならお茶漬けよりも司馬遼太郎」

翔ぶが如く がやっと5巻まで行った。(もうこれやり直しも含めて10年くらいかけて読んでいる(;^_^A 超長い小説でおなじみ。 るろうに剣心でいうと京都まで馬を走らせる佐之助が、急げ!!「とぶがごとく!!」というセリフでお馴染み?ですが・・・ 幕末…

農業アイドル自殺問題。なにがいけなかったのだろう

いろんなワイドショーを見ると情報がだいぶ 断片的なことがわかる サンジャポが一番わかりやすく これが原因なのでは?というのが 土日に学校のある全日制の学校に行こう、事務所も負担する、ということで 12万の支払いがある前日に事務所が「お金は貸せま…

蒙古襲来でう◯こ襲来

最近、nasune増設のおかげで NHKの歴史秘話ヒストリアなどの教養系番組をきちんと録画できるようになり 勉強になる。 www4.nhk.or.jp 神風で撃退したという蒙古襲来、近年の研究で鎌倉武士の力が大きかったことが大きいという。 さらに煮立てた糞尿を爆弾の…

サバイバル・ウェディング最終回「ほぼ吉田松陰!」

伊勢谷友介さんが最終回で熱く日本の未来を語るシーン。 大河の吉田松陰を彷彿とさせる。 地獄の苦しみを息子に味わわせたくないという親心VS日本の未来のためにチャレンジし夢を追う志 どんな選択をしたか、ではなく選択した人生をいかに強く生きていくか、…

ドラマ「この世界の片隅に」の終わり方が最高だった

あれ、最後どう終わるんだっけ・・・と もう大きな事件はないはずのラスト 今までのすべてが繋がり生きる様が描かれ生きることの 愛おしさがそこにある。 もう一つの世界線なのかはわからないが 誰もが愛する人を探し、迷い、 生きることの困難に打ちのめさ…

ドラマ「この世界の片隅に」が重すぎる後半に突入「消えたいすずに・・・」

ついに突入した後半 すずは自分を責める。 自分の顔を見ると思い出してしまうだろうから 「消えてしまいたい」と言い出す。 このすずの優しさだけで泣けるのだけれど、このドラマ版の名シーンとなるであろう 幸子の活躍がすごかった。 幸子はまっすぐにすず…

ケンカツは奥が深い

ケンカツことドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」 ですが www.ktv.jp 識字障害で仕事ができない人が仕事をするようになるまで 支援するケースワーカーの回 字の読み書きができない識字障害 スピルバーグとトムクルーズが識字障害ってほんとか!(;゜0…

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)からこぼれ落ちる命

有料配信で追っかけてみています(;^ω^) ドラマの第一話 自殺を口にする生活保護受給者が命を絶つ 尾崎豊の「銃声の証明」が思い浮かんだ 「何一つわけも知らずうずくまる人々の命が今日また一つ闇にうばわれる」 そしてこうしたことに慣れなければやっていけ…

「健康で文化的な最低限度の生活」と「サバイバル・ウェディング」

「健康で文化的な最低限度の生活」という生活保護を受給する人たちに焦点を当てたドラマがあるそれと「サバイバル・ウェディング」を並行してみると なんだか複雑な社会が面白い。 結婚しても夫のDVで離婚してシングルマザーとなり子供がどうやら虐待、と…

ドラマ「この世界の片隅に」に人間の役割を考えさせられた

この世界の片隅にがよくわからんが泣ける 子供が急に立ち上がり、自分の役目を果たすために 一人で父方の家で生きることを決意する その健気な姿に 「子としてできること」「親としてできること」 手を繋ぎ歩く描写にいろいろ考えさせられて泣けた。 うーん…

ドラマ「この世界の片隅に」が第二話もおもしろすぎる。

と、いうわけで新劇場版?まで決定した「この世界の片隅に」 ドラマもとにかく順調。その第二話。 映画『この世界の片隅に』&映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公式 (@konosekai_movie) | Twitter 嫁ぎ先の夫の姉さんが嫌な感じすぎて 笑える。…

今夜第二話のドラマ「サバイバル・ウェディング」

marihonnete.com 僕の知り合いの(;'∀') 書いている記事があるんで貼っておきます。 いったいなにものなのだ恋活仮面・・・・。 と、いうことでサバイバル・ウェディングはおもしろいからおススメ。 サバイバルウエディングではなくウェディングだからねっ‼(…

ドラマ版「この世界の片隅に」やはり傑作の予感

映画がとにかくよかったので 久々に映像ソフトと原作まで買った。 ドラマ版も 映像は美しくキャスティングも映える。 丁寧な作り、久石譲の音楽が、これしかない、というくらいマッチしている。 色気のあるシーンはきちんと映画同様生々しい、 あの全体を通…

幕末はやはり面白い。ドラマ「西郷どん」

革命 そんな言葉を躍らせて生きる人がいる 幕末はやっぱり近代に近く、日常があり、内政があり外交があり、新しい思想、文化があり、問題点が身近に思える。 その分、きっと美化したりして都合よく解釈してしまうものもあるだろうけれど。 人の美しい典型を…