ライフハック芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんコスプレ芸人ウェルダン穂積~ポケットの中で自由のための闘争をする(*‘∀‘)

MENU

漫画

D計画ついに完結「ツタヤはすごいよ」

D計画それはドラゴン桜を読破する計画である。あえて伏せたのは僕が借りに行くツタヤに、先に借りられてしまうのを避けるためである( ̄▽ ̄;) (そんな影響ねーよヾ(゚д゚ll) 最近蕎麦のことばかりブログに書いてたら近所の蕎麦が一掃されていたから怖い、、、 …

「最弱ライフハッカー、人は変われるだろうか」

ビジネス書を聴いて普段過ごし、僕の中では「大前研一」は超有名人なのでブックオフで安くならんでいるのを見て驚いた。 もうテレビほとんどいらないくらいに、インプットが充実している。 書籍も奮発してまあまあ買ったのが溜まっている 小説を書くのに、小…

「ドラゴン桜を求めて・・・マンガって高くない?」

マンガ「ドラゴン桜」がどこに行っても安く買えないので、これまたズルズルと読めずにいる。 ブックオフでもネットでも高い。(半額以上で売られている) それにひきかえ、ビジネス書は安く売られている。 ブックオフで時間術の本を立ち読みすると「大前研一…

ドラゴン桜再び!お前たちは負け続ける!

ドラゴン桜、この漫画には因縁がある、、、私のような楽して自己啓発をしようとしている愚か者に最適な 漫画で人生を変える方法論の作品なんて、大好物のはず・・・しかし、 全巻買って、昔バイト先の10歳くらい年上の借金まみれの男に「人生変えてください…

「漫画喫茶の豊穣の海、サブカルの巨塔、その果てはどこに?」

漫画喫茶の漫画の海を泳いでいると、あれも読みたい、これも読みたい、でも時間なんてない・・・ スラムダンクをもう一度読み返したいし、はじめの一歩の強さの果てを見てみたい バガボンドがどーなったのか、ベルセルクがどーなったのか、しばらく知らない …

「20歳の自分に受けさせたい文章講義、、、お前20歳じゃあねぇだろ!」

と、いうわけでいくつもの背伸びをしては失敗を繰り返しているウェルダン穂積ですが、 ブログをアップデートするべく「真・ポケットの中の闘争」計画(仮)として ブログの本を読みだしたり、文章について改めて見直すべき点はないか、 ブログの書き方指南の…

コミケは芸術?芸術とはなんだ?

コミケのコスプレなどの表現の無数の可能性をみると 芸術の裾野の広さの一端なのかな~と思う。 芸術家の作品とは一つの答えであり、 技術はそれに「説得力」を与える、、、という。 漫画「ブルーピリオド」を読みながら、深々と、 「自分が何が好きなのかを…

漫喫マン参上!漫喫の日々、負け組の末路とは?

そうか、世間はコミケなのか、、、(いや、どっちかといえばお盆だと思います) さて、夏期合宿だと思って、毎日いろんな漫喫に泊まっているんだけれど、(正確にはシャワーを浴びに行っている) すごーく良いところは、埋まっていて入れない。夜中に探し回…

『漫画「ブルーピリオド」がすごい!・・・それは誰の感動だ?映画一本分の第1話』

漫画喫茶で出会った漫画。 いくつかのレビューが並んでいるのを読んでピンと来たのがこの「ブルーピリオド」 日常をこなして生きる秀才は憂いている。 そこで美術「絵」と出会うのだけれど、 第1話がとにかく面白い、深い。 ここだけで映画一本分のメッセー…

銀魂最終回「まっすぐな目をした男だった」

銀魂が本当の最終回を迎えた、という www.oricon.co.jp 闇金の回収という社会の毒に切り込んだリアリティは身を切るようだった (いや、それ闇金ウシジマくんだよね(;´д`) 空知先生、どうか草葉の陰から僕たちを見守ってくださいまし(勝手に殺さないでくれ…

映画「キングダム」をついに観た!怪演する大沢たかお、長澤まさみの存在感!

キングダム観ました! ポップコーンとアイスコーヒーとウェルダン穂積 男二人。 貧乏だからチケットショップでチケット入手して 上野が満席で、秋葉原を歩いて抜けて、日本橋のTOHOシネマズへ! 疲れる(;´∀`) こちらもほぼ満席でなんと二人の席取ったら…

ONE PIECEは注目すべき伝説

ONE PIECEすげー、しか言ってなかったので たまに感情だけしか載ってないブログを書いてしまう( ̄▽ ̄;) blog.akibaevent.com ようするに 私は小説の技法を結構本で読んで勉強していたりするので物語の構成などにも なるほどー、と思うことが多いのだけれど O…

ワンピースの尾田栄一郎半端ないって!

と、いうことでONE PIECE最新巻は92 www.shonenjump.com 今回は久しぶりに唸る展開 この人やっぱり天才だって! 物語の起伏や伏線、 その展開の仕方がとにかく驚きで、 決まっている。 あいつ出てきてあんなになって、 あれはただの噂であって、なリアリティ…

続・トクサツガガガがおもろすぎ

すごい! 作者が謙虚で正直に(ネタないよ、とか絵が描けないとか) 語る巻末のコラムも応援したくなる つまり、萌える。 オタクの感情に同化できるようである。 blog.akibaevent.com これ、巨大ロボの設定のロボも発売できるし、過去作という設定の戦隊モノ…

アニメ「ピンポン」が凄すぎて人生観変わる件

西野亮廣さんのオンラインサロンで アニメ「ピンポン」を薦められて、 www.pingpong-anime.tv FODの有料会員で観てみたところ、 とんでもない作品で驚いた。 (絵が特徴的) 全11話しかないのだけれど、 途中6話でいきなり浜省の歌が挿入歌になったり …

トクサツガガガがおもろすぎ「漫画で間に合う!」

www.nhk.or.jp kindleで漫画版が期間限定で読める 内容がシンプルでわかりやすく 泣ける ただ特撮の豆知識を並べるというより メッセージ性とリアリティがメインで ストレートに、まさに特撮ヒーローのストレートな 勇気と正義の心が描かれているようだ これ…

ドラマ「フルーツ宅配便」がすごすぎる「重すぎる30分」

深夜にやっているドラマ フルーツ宅配便がすごすぎた。(主演:濱田岳) www.tv-tokyo.co.jp なんだかデリヘルの設定が尖がってて注目されていたのでなにげなく録画したが・・・ デリヘルってのは健康をお届けするフルーツの宅配業者の話のはず、ですよね(;'…

ワンピースのワノ国編「尾田さんのSBSは愛」

最新刊91巻ワノ国編というのが始まり(正確には前の巻から) ずいぶんデザインも変わり まるで新シリーズが始まったかのようなテンションで楽しい。 ・・・しみじみと読んでいると おまけのSBSのコーナー、 もうほんと、毎度、バカバカしいやりとりでずー…

火ノ丸相撲「3年先の稽古」

アニメ「火ノ丸相撲」に3年先の稽古をするんだ!と というセリフが出てくるので気になった。 hinomaru-zumou.com 調べると、これ相撲用語らしく 目の前の勝ちのための小手先ではなく基礎体力をつけ 必然の勝ちを得る地味でも大切な稽古という意味らしく(ま…

ガンダムエースそりゃ売り切れるって!「あの雑誌はハンバーガーか!」

ガンダムエースを毎月買うのを久々に再開してみたのだけれど どこへ行っても最新号がなかった。 大きめの本屋に行ったら山積みされていて そりゃあ売り切れるだろう 分厚い付録「ガンプラ付録」と書かれている。 ムーンガンダムというのが連載されていて そ…

幽遊白書の再放送「戸愚呂弟カッコよすぎ。100%の孤独」

最後に100パーセント中の100パーセント!という 究極の力を出すが 「誰かのために120パーセントの力を出せるのがお前たちか・・・」 とこの 「力」を巡る闘いに明確なオチがあることに ようやく気付いた(;´∀`) 無駄な感情を捨てることを 「逃げて…

久しぶりにガンダム専門雑誌ガンダムエースを買ってみた

本当に久しぶりにガンダム専門雑誌 ガンダムエースを買ったら驚いた なんとパプテマスシロッコの後継のような存在を匂わせるキャラクターが描かれていたり ククルス・ドアンの過去編があったり 福井晴敏先生ストーリー考案のムーンガンダムはなんと背中に月…

ドラマ「この世界の片隅に」の終わり方が最高だった

あれ、最後どう終わるんだっけ・・・と もう大きな事件はないはずのラスト 今までのすべてが繋がり生きる様が描かれ生きることの 愛おしさがそこにある。 もう一つの世界線なのかはわからないが 誰もが愛する人を探し、迷い、 生きることの困難に打ちのめさ…

仮面ライダーを語る宇野常寛が熱い。

宇野常寛さん、サブカル論壇界ではどメジャーな人ですが NHKの100分de名著 の石ノ森章太郎を語る会が実に面白かった。 仮面ライダーのフォルムをすべてのキャラクターコンテンツの中で最も美しい、と語る、ナルシスティックなほどの陶酔、 熱い語り、、、 こ…

さすが「はたらく細胞」ぶっ飛んで面白い

コミケのコスプレなどでやけに 話題だった「はたらく細胞」(「月間少年シリウス」連載) アニメを見てみると 赤血球やら白血球やらお馴染みの細胞が 擬人化されているんだけれど この擬人化が多彩で八頭身の美男美女だったりすると 否が応でも楽しく勉強で…

ちびまる子ちゃんの泣ける回を試しにみてみたら・・・

と、いうことでAmazonビデオで配信されているので 泣けると言われる回 「お父さんとお母さん けんかする」 をふわっと見てみた・・・・ おお、笑える。 「あんたそういう態度が子供の非行を招くんだよ」 というまる子ww とにかくちびまる子らしさが存分に…

漫☆画太郎がすごすぎることになっている。〜そして伝説へ〜

漫☆画太郎は今どうなってるんだ!? と漫画好きのうちの店長に 聞いたらいろいろ教えてくれて 「星の王子様」をパロディしたというか ただただくだらな過ぎる、というかもはや品の域を超えている ものを 何してんねん!という具合でネットのジャンプ+で描い…

過去のTwitterのヘイトスピーチでマンガが打ち切り?その本性は?

こうしたことで 何かが閉ざされること、誰かが裁かれること、それは良くない。 人は誰しも過ちをおかす、という許しがないかぎり 簡単に過去を漁り人を裁くことが繰り返される たとえば今後フェイクニュースを生成するツールで誰かが炎上させられて 誰が止め…

ついに怪作「ドグラ・マグラ」を読み始める

文豪ストレイドッグスにはじまり 夢野久作が出てきたので、あそうだ「ドグラ・マグラ」を読もう。 と読んでいる。 これ、存在は有名な小説で「頭がおかしくなる」というので有名なのだ。 とりあえず読み始めると「長っ!」が第一印象。 電子書籍の場合、太さ…

文豪ストレイドッグスの二期がおもしろすぎる「文豪」

一期はキャラの設定をがやがやしていただけなのか、と思われるほど 二期がすごかった。 とりわけ小説をアニメ化した部分。 太宰治が黒の時代だった話。 結局は文豪は「生きることを苦悩」していた存在であることが裏にあるので 言葉に二重の深みがある 誰か…