小説新人賞を目指す芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

ゲド戦記(3回目)

まったくもっておもしろいじゃないか。
むしろつまらないところがないくらい。

「結構好き」と書いたが
違う。
「かなり好き」である。

最後の敵に同情するシーンというのを見て思い出した。

「クモ(敵の親玉)・・・お前は僕と同じだ。
闇をみるあまり光から目を背けていた・・・

クモ・・・誰だって死は怖いんだ!」(アレン)

とにかくはじめから終わりまで深くて暗くていい。

ただひとつゲドにもコクリコにもいえると思うが
映画館で思ったのが

色が単色過ぎて映画のスクリーンで見るとベタっとする印象はいなめない。
テレビでみるとここはまったく気にならない。

ようするに海とかマントの色とか、細かい陰影をつけているわけではないから
ベタっとするということ。
でもこれはアニメを見すぎていてこまか~い描写(これがリアルとは限らないが)
しているものと比較してしまうからいけない。

「命を大切にしないやつなんか大嫌いだ!」(テルー)
もーこれこそこの映画の代名詞的なせりふだろう。

これのいったいどこがよくないというのか。
羊の子供を親の前に放ち
一人で涙を拭うテルーのなんとやさしく悲しいことか。

草原で歌う彼女の歌を聞き涙するアレンのなんと孤独なことか。

「ここにいちゃいけないんだ僕は」
「違うの、あの時はごめんなさい」
「いや、やつらが来てしまうから」

きちんと相手の心を汲んだ言葉のやりとり
そして一人発ったアレンは分かれ道で

「どっちにいっても同じだ・・・」
「・・・・・行き止まり」

たしかに最後に竜になる意味だけはわからない、が、
未知なる力が働いたとしかいえないだろう。

だってテルー死んじゃったんだから。
光に救われたとしか説明のしようがないので説明はいらない、としか言いようがない。

やっぱゲド戦記おもしろかったから
もう一回コクリコ坂リベンジしたくなってきた
☆ヽ(▽⌒*)