堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

バカな!お台場ガンダムの性能がここまでとは!!・・・ #gundam #daiba

お台場の18Mガンダム

コクピットが開く演出があるのはずっと前から知っていた。
が、夜なのでなかなか予定の折り合いがつかないので、急遽、初めて見にいった。

photo:01


これはも、どうしても生で見て欲しいのだけれど、とにかく驚いた。
もはや、YOUTUBEなんかで確認すればすぐに見れてしまう世の中、そうそう驚くことはない。
だが、これは化物だ!

演出の粋なセンスがすんごいいいのだ。
18Mガンダムと演出の連動の細かなアイデアにびっくりした。
ここまでできるのか・・・。

コクピットがプッシューと未知との遭遇的にババーンなんてあくような
古い演出はもうこのクールジャパンでは行われない。

もーさりげないのだ。
そしてカツ、レツ、キッカの3人の子供への愛に満ちている。

なんである、愛である、のだ(古いな)
この迫力と感動は生でガンダムをみないとわからないのと同じで
絶対に生で見て欲しい。
photo:02


シャアと、進撃の巨人の調査兵団。
今のアニメ好きは理由を聞いてくる
「なんでシャアがいるんですか?」

同じガンダムですら許されないのだ。
当然この場合ガンダムの偵察ということになる。

となりに調査兵団がいる・・・
これは「巨人を倒すために協力者になってもらったのだ」

というと納得してくれる、そ、そうなのか!

「最終的にはお台場フジテレビの球体を地球に落とそうというのだ!」

そう言った意味でもなんだかオタク文化の解釈は進んでいる。
家族づれや外国人が大喜びで写真をとってくれた。

さらに、ガンダムカフェ二号店がすぐそばにあるのだが、そこで
店員さんが大はしゃぎしていろいろ絡んでくれたのが楽しかった。

進撃の巨人も大好きらしく
「心臓を捧げろーーー!!!!」と
ノッてくれる。

「大佐!ビグザムの量産に成功しました!」
(ビグザムとうふのこと)

私もつられていろんなものを買ってしまった。
が、いい買い物というのはこういうものだろう。
photo:03


よく見ておくがいい、
衝動で、買うとは・・・こういうものだーーー!!!

店内BGMまで「シャアが来る」にしてくれた。

ひとしきり買い物を終えると今度は
あーー!!!と
コスプレに大喜びしてくれたのは売店の女の子で
自分もコスプレをしている、という。

さらにすぐそばのアイドルLIVEに来ていたファンまでが
「あ!シャアだ!!!」
photo:04


進撃の巨人の知名度もやけに高い(アルミンとまでわかる)
のが知れた。

「遊び心」そしてクールジャパンの「ものづくりの心」
が同時に味わえるこのガンダム立像は本当にすごいものとなった。

お台場ガンダム演出は
夜の7:30 8:30 9:30
3回も見てしまった。

こんな幸せな場所が開放されている事実と
映像と演出の作り込みに普通に胸が震えた。
いやー、ガンダムって本当にいいものですね。
ーーーーーーー
=告知(お笑い・ボランティ活動・書籍など)=

「愛や夢」を大切に思うこと。

日本のサブカルチャーが熱病から醒めたドン・キホーテのように虚しいニ
ヒリズムに覆われないためにリアルに打ち勝たなければいけない。

無数の解釈から、ひとつの願いを語る勝手を少しだけ許していただきたい。(「たかがアキバ、されど秋葉原」より抜粋)