ライフハック芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

「ジョジョの奇妙な黄金体験が心に進化をもたらすっ!」 #jojo

第六部ストーンオーシャンを読みながら
そして荒木飛呂彦先生
のホラー映画論を少し聞きながら醸造され結晶となった考えがある。

ホラー映画は日常ではありえない不条理な
残酷さががある。だが、それはそれでしか満たされない
心の奥の浄化である、という。

前に、ジョジョの四部でどぎつい言葉を吐き続けるキャラが、だからこそドロっとした直向きさがモロに出ていて好きになった、と書いたが、それと少し共通する。

六部は女性が主人公。しかも
刑務所の懲罰房に入れられ虫のわいたパンをかじる。
それでも心をすり減らさずに生きていく。

ジョジョにずっと触れ続けるとさすがに免疫ができて
日常のありさまには簡単に動じない心ができるのではないだろうか。
僕も血なまぐさい描写はあまり好きではない方なのだけれど、それがわかる。
これってよく文学で心のドロドロした部分ばかり描いて、なんでこんなに文句ばかり言ってるんだこいつは、というのがある。
ある意味でこれも毒にも薬にもなるにせよ、免疫になるとも言える。

こんなところで文学と共通項があるように思えた。
とんがったところにあるカタルシスに
心の浄化と強さへの進化がある、
ジョリーンの姿を見ていると不思議とそう思えた。

しかし
ボロボロになるにもほどがある闘いだf^_^;)
ーーーーーーーー
=告知(お笑い・ボランティ活動・書籍など)=

「愛や夢」を大切に思うこと。

日本のサブカルチャーが熱病から醒めたドン・キホーテのように虚しいニ
ヒリズムに覆われないためにリアルに打ち勝たなければいけない。

無数の解釈から、ひとつの願いを語る勝手を少しだけ許していただきたい。(「たかがアキバ、されど秋葉原」より抜粋)