ライフハック芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

「明日、ママがいない」はいいことも訴えているといいたい。 #ntv

スポンサーが降りる話まで出てるのか?ビックリ。

過剰な演出に賛否はあるだろうけど、
実はテーマそのものは深いように見えた。

新しい里親と暮らしても、
かつてのトラウマで愛情を受け入れられない悲劇。

里親は悪くないのにすれ違う悲しい現実。

誰もみな愛されたい、愛したいのに、うまくいかない。

前にも書いたが、世間体を気にしすぎて本質を見失うとき
虐待やいじめ、ドラマのようなことへ繋がる。

抗議するのはひとつの権利だとは思うが、
それが圧力になってしまった時、
なにかが翻る気がする。

ものごとの本当の難しさ、敵は、どう説明したらわかってもらえるのだろう。

芦田愛菜ちゃんの演技が化け物級だからドラマおもしろいと思う。

「芦田愛菜がいない」
って週刊誌に絶対ダジャレ書かれるからなー。

がんばれ、芦田愛菜!

ーーーーーーー
http://ameblo.jp/welldonehozumi/entry-11532931824.html" target="" title="" class="">=告知(お笑い・ボランティ活動・書籍など)=

「愛や夢」を大切に思うこと。

日本のサブカルチャーが熱病から醒めたドン・キホーテのように虚しいニ

ヒリズムに覆われないためにリアルに打ち勝たなければいけない。

無数の解釈から、ひとつの願いを語る勝手を少しだけ許していただきたい。(「たかがアキバ、されど秋葉原」より抜粋)