堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

続・ワールドカップ日本代表アナザーエピソード「長友の涙の理由と戦う意味」 #soccer




日本は、

ワールドカップで戦う意味を、表現できなかった

という、表現があった。
その意味。

ワールドカップで戦うということは
ただそれだけなら、それで終わりだ。

そこにかける情熱、夢、
プレイする意志などは本田の言葉通りいろんなところに出てくる。

それはただ結果だけに限らないのがとりわけ今回の胆だ。

オシムのように人生などに引き付ける場合
人が生きること、

ただ生きることと、
それを爆発させてすべてを一変させる
意識をもって取り組むことへの違いとなる。

テレビニュースなどで
最後の試合の翌日、長友が突然会見を中断して泣き始めたのを
見たが
それにはきっちりとしたエピソードがあって、

ザッケローニ監督が
「もう一回、ワールドカップを戦えるとしてももう一回、選べるとしても・・・私はここにいるメンバー、スタッフを選ぶと思う」
通訳も涙を流しながら最後の言葉を伝えた。(敗退の翌日の最後のランチ)

長友佑都はだから泣いたのか・・・。

こうしてみると
どうしたって
サッカーが厚みをもってドラマチックに思える

生きる意味を表現しようとすること、は
誰しもの日常にある。

Numberを読んでいて興味深かったのが
実はどの国も負けてしまったところには

反省と後悔と
これでよかったのか?という深い洞察が
どこにだってある、という事実。

そう、結果は結果でどちらもがんばっているから出るもので、
どう転ぶかは正直わからない部分もある。

そこからいろんな意味を導き出して、
なにかの糧にしようとする。

これがそれぞれの実存的な生、なのだと思う。
だからこうなると自分に引き付けられるものを真摯にとらえて

答えや意味を見つけ出すことこそが、結果よりもなによりも大事なのだということに
帰結するのだと、僕は思う。

大舞台にだけそれを見出すことは、あまりに安易だ。
日常に引き付けられるか、

それは簡単なようで難しく、難しいようで実はシンプルなのではないか。
ーーーーーーーーーーーーーー

↓伝えたい情熱のたいがいを詰め込んだ私小説。
赤いマフラーは愚者の徴

たかがアキバされど秋葉原

お笑いライブ情報など

ニコニコ生放送「ポケットの中の放送」

千代田区のボランティア団体「アキバへ恋!」

ウェルダンのホームページ

ブログ「ポケットの中の闘争」・・・あ、ブログでブログの宣伝いらんわ!