堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

コミケとはなんだ?コミケ87レポ三日目「古美ケド研介」 #C87 #comike #リーガルハイ


二万リツイート行きました。すごいです!
と僕と記念撮影してくれた人がいた。

「しかもまだこうしている間にも増えているんです!」

握手してくる女の子や

男の人までいて、とてもありがたかった。

アイドルが常に全力の気持ちでひとつひとつの声にこたえるような心境で
一人一人のカメラマンさんに向き合った。

外国の人もたくさんいた。

高級カメラを構えたカメ子さんが
「ちょっと笑いすぎてシャッターが切れません!」

たくさんの人の笑顔に出会う。

隣のコスプレイヤーさんには少しご迷惑をおかけして申し訳ない。

せっかくなので近くにいたレイヤーさんとはなるべくコラボさせてもらいました。

次元大介と戦う、古美門研介

コナンと・・・

「だからお前はいつまでたってもガキんちょなのだ!」


CM風にR2D2を紹介
「紹介したい人がいる・・・ペッパーではなく、R2D2だ!」

こんなことができるのもネタコスならでは。

コスプレとはなんだろう・・・

愛?根性?

ひとつひとつの小さな触れ合い。

ひとことで矮小化して閉じ込めてしまうにはもったいないものがたくさん詰まっている。

返ってコミケとは何だ?

それは社会だ・・・

運営の列整理一つにしても
朝から並ぶ人を楽しませるアナウンスの工夫があり、

先日の東京駅記念Suicaの問題からしてもいかに列の誘導に人海戦術が必要で
簡単にはできないものであるのが伺える。

エスカレーターの乗り方や
キャリーバッグの押し方、

コスプレのマナーに
無数の人、外国の方、

まさに社会が、世界が詰まっている。
いや、世界どころか、二次元、架空のものまで出てきているのだから、それは
もうカオスとしか言いようがない。

秩序を持ち実体化したカオス。

いろんなものを取り込み膨れ上がり・・・・じゃあ、いったいなんなんだコミケとは!?

ポケモンの「ロケット弾したっぱ」のコスプレ。
それに

呼応するように少しずつポケモンが集まって来て集団になる。

かつて、幻の企画としてポケモンのテーマパークが本当にできる、というのがあったが、

もしかして、ここで、できるんじゃないだろうか、と思わせるような夢。

見せ方の工夫。

「一緒にお願いしマース」
撮り方の工夫。(こういうと横から写真を撮るときに角が立たない)

いろーんなことを学んだ。

ワールドカップの三連戦と同じくらい
戦略が必要だった。

疲労の回復、荷物の整理、
コミケ後の仕事。

全ての経験をひとつひとつ
次の笑顔に、誰かの、自分の、笑顔に繋げたい、

ということで書き残したことはまた追記するとして

コミケとはなんだ!?でしたっ!


これが問題の二日目の銀さん。