ライフハック芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

ファイナルファンタジー零式、ついにFFの最高傑作か?



とんでもないことが起きた。

普通、僕らくらいの年代だとFFの好きなタイトルは

「Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ」あたりになる。

少し若いと「Ⅶ、Ⅹ」になる。
7は特に映像作品にもなっている上にキングダムハーツに出たりしていたので入り口が広く、
人気がある。

まあ、それはいいとして、

ファイナルファンタジー零式のエンディングを迎え、

ハッキリ言って壮絶な最期だった。

ネタバレになるので詳しく書かないけれど、なかなかショッキングだった。

とにかく声優陣がすごくて声優を調べながらやっていたら
声優になかなか詳しくなりましたw

豊崎愛生さんと、花澤香菜さんの演技の違いがわかるようにw

小野Dの台本をスイングさせて読む個性や
逆に、おとなしい杉田さんw

水樹奈々さんでたときはビックリしたし、

シドはなんとあの森山周一郎(刑事コジャックなど)さん。

平野綾さんがチョイ役なのがすごい。

梶裕貴さん(七つの大罪メリオダス)
茅原実里さん。

凄すぎるだろ!

実はこのゲーム、HDリメイクなのでもともとは少し古い
なので、亡くなられた声優さんも声を当てている。
それを思うと、このゲームの「死」という概念についても深く考えさせられる。

(この世界では「死んだ人間は、残されたものが前に進むため、記憶から消える」)

あの世界観とセンス、
FF7のアドベントチルドレンのようにスピンオフして
映像作品にできるシナリオだと思う。

そして、とんでもない作品ができると思う。

主人公がたくさんいて消化不良になるだろう、と思って、
やっていたが、大量な主人公ならでは、の世界観になっている。

まさか、
ファイナルファンタジーの一番好きな作品が
塗り替えられようとされる、とは・・・・

ありがとうFF。

ちなみに「Ⅵ」が好きです。
当時学生だったのですが
まさか主人公が身投げするとは・・・あまりのシーンに絶句。

FF零式、もラストであまりのシーンに絶句・・・。

まあ、暗いかもw

エンディング後に観れる映像に

「TYPE-NEXT」・・・・が、
まさか、続編、それともボツ企画?

そもそも「零式」というのは和風のテイストを取り入れるナンバリングで
FFを新しい方向で作るということらしい・・・・だから、続編は

・・・ある!?