堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

M-1グランプリ2015はおもろいでー #m1



もう本当に一言でおもしろい、としか言いようがない。
その面白さも、今田さんの「人生とか、重たいねん!」
とか

ここまで来ていうことではない、ことや、
真剣なコメントを贈る審査員やら

もうたくさんありすぎてわけがわからない

甲子園のような様相まであり

ネタはネタで芸人としての狂気をあえて覗かせる言葉があったり、

「和牛」さんのネタの演じているように見えない本当にイカれた感じとか
本当にすごかった

THE MANZAIの時から、なりふり構わず笑いをとるトレンディエンジェルさんが
ああいう一発勝負の場では爆発力があるので

上ってくる可能性はあったが、まさか優勝を手にするとは驚き。

ちょうど犬を預かっていたので、犬を抱えながら見てました。
これが本当のMワン、(いや、これは本当に面白くない。今年一番面白くないのがここででた)

・・・とにかく、見ていて、もう動画もなにも上げられない、怖くて一言もしゃべられないわ、
というくらい面白くて、自分が恥ずかしくなるのと、
笑いを取りたい、と思うようになる。

思ったのが、ジャルジャルさんの一本目のネタが超面白かったのですが
あの漫才が「変」という切り口、実はボケのパターンの主力をなしている場合が多く、
あのネタ以降、その切り口のボケのパターンだと、「それ」とみなされてしまうようで

良くも悪くも漫才をえぐりぬいていたネタに思える。
言葉のチョイスも面白かったのでとにかく面白かった。

中川家の礼二さんが「あれを柱のある話の中に入れてほしい」というコメントのやりとりがとても印象的。

タイムマシーン3号さんの「やってることジョイマンだからね」

というきちんとぶっちゃける、ところなど、もうとにかく笑いの価値観は壊せるものが
強い。

ああ、お笑いは強いなぁ。