堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

大河ドラマ「真田丸」が死ぬほどおもろいでー #nhk

今まで見たドラマで一番おもしろいんじゃないか、ってくらい面白かった。

不思議だったのがもう「真田家のオチ」を連呼する作りなんだけれど、
知っていれば知っているほど面白いんじゃないか、という気がしてきた。

小田も北条も、徳川も、だいたいどうなるかはぼんやりみんな覚えているはず、だが
その力がまだ拮抗しているところが面白い。

武田勝頼のあの「死相の出ている顔」あの演技というか演出というか悲哀が凄かった。
あんな描き方があるんだ・・・

まさに「真田太平記」を読んでいるから、思いっきりネタバレしているんだけど、
だからこそ立ち上る悲哀がある。

英雄だった父「武田信玄」の国が亡ぼうとしている。それを背負う勝頼。
戦国ものというのは決まっている運命の中に宿る悲哀を描いているんじゃないか。


とりあえずとっつきにくくても「安房守(あわのかみ)」とかなんかミドルネームが入ってる
世界観には慣れるしかない(;´∀`)

あの草刈正雄さんの真田昌幸(さなだまさゆき)は超重要人物です。

あとは真田幸村が「真田源次郎信繁(げんじろうのぶしげ)」で
兄貴が「真田源三郎信幸(げんざぶろうのぶゆき)」なのを憶えていれば大丈夫。

ゲームでお馴染みコーエーテクモの「信長の野望」の3D地図が監修で入っているので
地図などもすんごくわかりやすい。あー、武田って当時あれほどの規模だったのか・・・

そしてなにより、
堺雅人さんがやっぱり凄かった。
あの人はやはり「言葉が場を支配している」

だからCMでも映える。

あの人の眼の力、眼の中の光と色気のある言葉はやはり逸材ではないだろうか、とつくづく思った。

あんなに色とりどりの個性的な戦国大名がひしめく
ゴタゴタ感を悲哀と滑稽を交えて表現している「真田丸」は想像をはるかに超える
面白さだと、個人的に思いました

ガッチガチに見入ってしまった。
勝頼の末路を知っているから、そう見えただけなのか、死相を思いっきり表現する細かい演出があったのか
気になるところ。

それにしてもどんだけ最期のオチを言うんだ、というくらいオチをいうのがすごい(;'∀')・・・・

頑張れ真田―――と心の底から応援したくなる

あの藤井隆さんでビックリの「佐助」という忍びのものは今後結構な活躍どころがあるんじゃないだろうか、

いやー楽しみ。(写真はお好み焼き、もんじゃ焼きで結構メディアに取り上げられたお店六文銭で飯食ったヤツw)