小説新人賞を目指す芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

日本アカデミー賞をきちんと見てみたら、よかった(&#59;'∀')

 

毎年、さらっと結果だけをみて、そんなに流れてしまうイベントの印象があったけれど、

 

ネタにでもなれば、と録画してみた。

結果は知っていたから、さらに見る意味はなかったのだけれど、

 

これがおもしろかった。

映画をバンバン劇場でみるほどではないので

ももクロの「幕が上がる」と冷蔵庫マンさん絶賛の「ソロモンの偽証」はみました)

 

映画のファンではないと楽しみも半減するイベント

 

「百円の恋」という作品の安藤サクラさん(最優秀主演女優賞受賞)の凄まじい演技がすごい!と坂上忍さんが解説で

吠えていたので、こういった作品への興味も湧く

 

ただただ、綺麗な衣装の俳優さんに、夢をみるという単純な楽しみでもいい、

俳優の素のコメントと作品への想いが滲む部分に「作り手」としてのリアルを感じるのもいい。

 

監督賞をもらったときの 是枝裕和監督はコメントで

 

「実は悪口ばっかり言っていたのだけれど、

このイベントも、日本の映画人がみんなで祝えるイベントになるように、り素敵なイベントにできるよう、自分も努力をしていきたいと思いました」

 

と言っていた。毎年みんなが注目するイベントになれば、確かにすごーくいいものを共有できる気がします。