堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

ハリウッドザコシショウのネタ考察は続く #R1

 

R1ぐらんぷり以降ずっとハリウッドザコシショウの

ネタが頭から離れない(;'∀')

 

なぜ、あそこでキンタロー。だったのだろう、

なぜ、「でさーねー」と媚びを売るのだろう、あれはもはやブリッジなのか

モノマネの内なのか、

 

あれが「宴会芸」なら

生きたまま評価されたピカソの絵のようなものなのか、

(元の要素を壊しまくって構築しているという点で)

 

ウケたネタもウケないネタも無数にみたうえで、あれをやるという

意味はもはや語るまでもない

 

変な前情報を入れた後に、ネタをみて笑えなかったとして、

それが説明を受けた後に笑えるようになったりするのだろうか?興味が尽きない。

 

むかーし、一番初めに江頭さんがテレビに出たとき死ぬほど笑ったけれど(確か僕は中学生だった)

その衝撃に似ているんじゃないだろうか。

 

モノマネに脈略がなすぎて

何回も見ると、3回目以降がすごく面白くなるものがあって驚いた

脈略がなすぎるぶん、何回見ても裏切られる

 

当分、表現界は

ザコシショウに振り回されることになってほしい(^▽^;)