堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

ついに真田太平記読了!感無量・・・(&#59;'∀')?



全部で12巻もあったから5日で一冊読んでも60日かかるという、

いままでで一番大変だったような(^▽^;)

やはり真田の物語は難解で
途中から、あれ?これ・・・・絶対、真田、報われないよね。

あれだけ徳川に削られて、一花咲かしたところで、
カタルシスみたいなものはないのではないか?と不安になる・・・・

そして案の定・・・・
そこにあるものはなにか?

長い長いお話、ですが真田はちょうど織田、豊臣、からの関ヶ原、
その後までをまたぐ時代をみる・・・・

苦心惨憺の末、最後まで主役にはなれないものの、
夢のまた夢、

戦国ならではの、
あっけなく短い人の一生「夢」がみられる。

情熱は良いものだけれど、それが叶うとて叶わぬとて、
人の一生は儚い、

ながーく引っ張ってきた登場人物がいきなりふぁーっと死んだり、
お前はまだ生きるのか(;'∀')というやつがいたり、

史実もあるので、結局、納得のいかない不遇に苛まれるものも多い。

普通に物語だとしたらクライマックスに向けてのボルテージを削ぐものがたくさん出てくるので
変なお話にも思える。
(それが歴史ものの複雑性がみせる良いところか)

長い旅路のような読書体験でした