堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

敵か味方か、哲学者ニーチェ(&#59;'∀')

 

ずっと前からニーチェは知っているし本も読んだことがあるけれど

 

詩人だけれどすごく攻撃的で偉そう(;'∀')

 

な印象だった

 

あらためて本を読んでみると、

どうにもこうにもキリスト教のやってきた

 

弱者のための道徳が大嫌いなようで

神は死んだ、が生ぬるく聞こえるくらいの毒を吐きまくっている

 

この人は、敵なのか味方なのか?

共感できるのかできないのか、くるくる読んでいると変わるようだ

 

「力への意志」というカッコイイ言葉(ゲームのサブタイトルにもなったね)

 

があるが

 

ようするに力を求めることをなぜ恐れる、それは退歩であり

言葉の中の誤謬や誘惑にひかれて「力は力であり、行為は行為であり、それをごまかす

道徳はいけない」と言っているようである

 

キリスト教を「価値観をまるまる転倒させたもの」として捉えるとらえかたはとてもわかりやすい。

 

高貴なる道徳こそ大事であり、

ルサンチマンで化膿した恨みなどそこにはない、という

 

ニーチェのイメージはあるが

実際に文章に触れるとその荒々しい攻撃性がとにかく目につく

 

ただなんとなく超人すぎて、すごすぎて、

現実に引きつけた実践的なものと多少離れているような気もする。

(だからこそ、位置的に高い観念の誤謬を打ち払おうとするのだろう)

神が死んだら、奇跡も魔法もないのだろうか。

嘘だといってよフリードリヒ・ニーチェ