堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

アキハバラ大会議レポ「だから秋葉原」後篇 #akiba #アキバ

 
かつて私が書かせていただいた
「たかがアキバ されど秋葉原」という書籍のタイトルにもした言葉、それには実は次の句があり

「だから秋葉原」という結論がありました。

いつか続編として書籍にできたらいいな、とぼんやりと考えてはおりましたが、言いたいことはそれほど多くなく、難解でもありません。

結局この先は実践の世界なのであります。

で、アキハバラ大会議があり、
様々なテーマで議論がされました・・・しかし、まず

例えば「福島の復興」と「秋葉原を盛り上げること」
同じような緊急性と必然性があるだろうか?

シビアに問いかけられた時、きちんと回答がないかぎり
なかなか誰も振り向いてくれないのではないか。

僕はこう思う。

「秋葉原は紛れもなく今も世界に誇るブランド力、発信力を有する」
「それゆえの歪みがあり誤解があり、規制もある」

「日本の経済が疲弊しつつある今、その突破口の一つとしてそれが使えないか?」
「観光業のフラッグシップとして、地域振興の理想のモデルケースとしての道が歩めるならば
爆発的に国中に拡散する、という可能性があるのではないか」

違う道を歩む、それも一つの手だろう
しかし、僕は

文化が、せっかくの芽を出した文化が、疲弊し消滅するのを見るのは寂しい

例えば、外国の観光客が秋葉原にきてコスプレイヤーが歩いていないのをみてガッカリしたとする。
だから歩かせてくれ、と簡単にいうわけではない。

過度な希求性で無茶ぶりされたって、難しいものは難しい、のかもしれない。
ただ、そこをうまく泳ぎビジネスや活性化させるなにかにできないか、その知恵を絞るのは無駄ではない。

池袋にも中野にも大阪の日本橋にも先をいかれたのかもしれない。
さあ、今こそ秋葉原も立つとき、

「だから秋葉原」

なのであります。



細かいアイデアは今は書きませんでしたが、たくさん方法はあるようです。

それと、もう一つつけたしで
ちょうど今、
秋葉原が舞台のアニメがやっていて、

面白い想像がふくらむ・・・

次回「AKIBA‘S TRIP(アキバズトリップ)に見る妄想都市秋葉原~秋葉原は妄想に消ゆ~」
に続く・・・・