堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

うまい酒と音楽、そして~映画語り~「機動戦士ガンダム サンダーボルト第6話」

と、いうわけで早速配信初日に最速で鑑賞!

 

重厚でジャズと狂気を絡めた人間ドラマが魅力的なサンダーボルト

 

2ndシーズン第二話(第6話)でも

日本語のブルースとジャズが聴ける

(ジャズとブルースは兄弟のようなもので歌のブルースに、曲のジャズ、それとビートが違うそうです)

 

5話よりもモビルスーツの戦いは

激しさを増し、地球圏での凄まじい戦いが見られる。地味なとうじょうモビルスーツをいかにカッコよく描くか、は大事。

(それだけでも見る価値あり( ̄▽ ̄)

 

5話だけだと物足りないけれど6話を見ると一応ひと段落する感がある。

 

セル版についている特典映像は

キャラクターが登場モビルスーツを過去ストーリーのフラッシュバックと共に語るものであり意外と斬新な切り口。これ、いろんなガンダムの作品にあっても良い気がする。

(ぜひバーニィに語ってほしい(^▽^;)

 

 

 

 

注:ここから先ネタバレあり

 

 

 

 

身体中に作戦毎につけた入れ墨があるビアンカ・カーライルが

たくさん入れた入れ墨の理由を

 

「私、忘れっぽいから・・・」

と呟く瞬間の声の演技にすごく、忘れてはいけない想い、を感じた。

 

ジャズの専門的な話で意気投合するイオとビアンカ

 

そして12年もののマッカランウイスキー)を所望するあたり、

ああ、うまい酒と音楽を知っている、って素敵だな、と思う(^▽^;)

 

1stシーズンでもテーマの一つだったけれど、戦場において

人が人たる所以はなんだろうか。

 

音楽、という部分が重要に絡んでくるこのサンダーボルト、

その部分を考えると今までのガンダムとはだいぶ違う。

 

敵と味方にわかれ一瞬の光の中に落とされる命

その中に宿る、人の厚み、が音楽や、野球、から垣間みえる。