堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

ローグワン スターウォーズストーリーをついにみた! #ローグワン #スターウォーズ

ローグワンをついにみた!

いや~スターウォーズ史上最高と呼び名の高い作品。

 

まずネタバレないように書くのが難しいけれど、、、ネタバレなしで。

 

音楽の中に、フォースを感じるテーマ「テテ~テ、テテテテテ~♪」とか、

ダークサイドを感じるテーマ「デンデンデ~デデデ~♪」(いや伝わらないわ(;'∀')とかがふわっと流れるのがたびたびあるのがスターウォーズシリーズですが

やっぱここは映画感の方がワクワクするのだろう、とみていておもう。

 

そして、スターウォーズに何を求めるか?が大事になるのと

スターウォーズって情報だけでなにかを作るのはハードルが高いんだとおもうけれど、

 

見事に今作は仕上がっている。

 

メイキングも付いていて「コピー」でもいけないし「関係ない作品」でもいけないバランスで悩んだ、と語られる。

 

そして知らなかったけれどドニー・イェンという中国で「イップマン」で超有名なカンフー俳優が出ているので驚いた。(エンドロールまで気が付かなかった(;'∀')

 

この辺り注目。

 

「史上最高」か?と言われたら、そうとも言えるし、そうでないとも言えるきがする。

まずスターウォーズの流れなしにはあり得ない作品なので史上最高、みたいな定義はできない。

けれど、

 

スターウォーズサーガに厚みを持たせた、という意味ですごーく意味深い。

いい時代に設定した。

 

のと、史上最高と僕が思ったシーンがあってそれが

 

ヤツの見せ場のシーン(これはぜひ見てほしい)

 

スターウォーズに何を求めるのか?の回答としては

 

「世界が熱狂する」「映画館を出たら誰かとしゃべりたくなる」「キャラクターが個性的で愛着が湧く」

「壮大な宇宙戦闘」「ストームトルーパー」

 

あたりではないか。

人生の意味や哲学、なんてのはそこから派生したものの中に宿るんだと思う。

 

もう一つ、特筆すべきことがあるんだけど、これはメイキングをみてビックリした!

それが・・・・あれですね。

 

ということで技術的に新しい平野を開拓、チャレンジした、ともいえる部分が

スターウォーズに恥じない、希望を継承しているといえる。

 

ふつーに、観れてよかった。

スターウォーズファンなら確実に観た方がいい一本。

 

もしくは、これでスターウォーズ見始めよう、っていう人がいたら、すごくその人幸せだね。

ジェダイの騎士があんだけ持ち上げられて登場するんだから。

 

レンタルでもメイキング映像がみれるので、

一気にどっぷり浸かれます。

 

ではネタバレ編で語る、というよりおしゃべりしたいですね(;'∀')

次回「ローグワン スターウォーズストーリーここが熱かった」に続く