堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

ドラクエとはなんだ!?編「ポケットの中のぼうけん」

ファミ通などでの堀井雄二さんの

インタビューでは

 

さいさん

「わかりやすさ」「安心できる」「誰でもできる」

を重視している、という。

 

それでいて

「このゲームをして少しだけ本人が変われたらよい」

 

という・・・これはなかなかデカいことを言っている。

 

なるべく攻略法は見ないでほしい、ともいう。

見るほど難しくない、とも(*´ω`)

 

ふっかつのじゅもんを使った場合、

ズルできないよう、調整している上に

名前が変わってしまうから感情移入しづらい、という

あーあ、ズルしようと思ってたのに。

 

このインタビューを聞くと、ドラクエっていいゲームだな、って思いながらプレイできる。

 

とは言いながら、ゲームとはなんだろう?と考える。

ドラクエを振り返る記事がファミ通にあり、1~10まで並べられて・・・やっぱり「6,7やってないな」と気づいた。

 

かといって今までのドラクエのストーリー覚えているか?

・・・・ほとんど覚えていない。

 

じゃあ、なにが残っているんだろう。

呪文やモンスター、はぐれメタルを倒した快感、カジノにハマる、など断片的な想い出。

 

作り手はやはり、ただの時間つぶしではなく、

人生を豊かにできるなにか、にしようとしている。

 

ゲームは、ドラクエは、人になにを見せるのだろう

もはや作り手と受け手の真剣勝負である。