堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

ラ・ラ・ランドはいいぞぉー( ̄▽ ̄)人生はミュージカル

と、

ガルパンはいいぞぉー!的な感じですが

 

ドラクエの話ばかりじゃあなくて「たかが映画されど映画」のコーナー

 

さすが指原莉乃さんが総選挙ポスターでネタにするほどの作品

 

アカデミー賞の時、作品賞をムーンライトに奪われ、

ノミネート作の隠と陽、な印象だったのでこちらは陽の側でチャラいミュージカルかな?

 

と思っていたら実はとても評価が高く、

なんでも痛みのある作品なんじゃないかな、と推測になった。

 

いざ、観てみると、、、

なかなか、なかなか痛い。というかどう消化して良いかわからないくらいでありました。

 

ちょうど最近、レ・ミゼラブルミュージカル映画を観たところで、これは全編違和感のないように歌い続ける。

 

ララランドは普通のミュージカルのように急に歌い始め、踊り始めるのですが、

 

結局、ミュージカルって、実はすごく本質的で、

心の内面の情動を、主観的に表現するなら、

ミュージカルなんだな、って思わせるものがあった。

 

夢や恋を追うことの高揚なんてものは、まるで街中が踊り始めるような感覚がするものだから。

そして、それが幻であることこそが本質的。

 

ララランド、早々にレンタル開始してしまったが、これは心に刺さって抜けない作品になるかもしれない。

 

と、いうことで次回ラ・ラ・ランド

ネタバレあり編「夢追い人に乾杯を」でお会いしましょう!