堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

映画「ラ・ラ・ランド」ネタバレあり編「夢追い人に乾杯を」

 

と、いうことで「たかが映画以下略」のコーナー

 

ラ・ラ・ランドのネタバレあり編

 

 

夢い追い人に乾杯を、と歌うシーン

 

どれほどそれが惨めで愚かでも、

どうか夢追い人に乾杯を、という歌詞は胸に迫る

 

それはピースの又吉さんの小説「火花」の芸人達すべての敬意のようでもある。

 

途中途中の楽曲自体もなんかすごくよかった気がしますが

(特にバンド組んでライブで歌うときのスポットライトバーンのあの歌声は超カッコよかった。

その後のシーンで、あんなバンド組むのがあんたの夢なの!と迫られるから

あれ、あれで感動しちゃいけなかったの(;'∀')と思った)

 

結局あの話、

バッドエンドだったのかなんなのか。

 

どちらも夢をかなえた点で、

最悪ではないし、子供と接するあの幸せをみると、

 

あの恋愛自体は切ない終わりを迎えたけれど、

互いに夢を選んだゆえにかなわなかった恋ですが、その代償に大きな夢を得た、

と考えられる。

 

大人の見方をすれば、人生で一度ある大恋愛、ただそれだけ。

 

ネガティブな見方をすれば、夢を手に入れたとしても、あの恋の代価に適うものだったのか?

・・・ということではないか。

 

少なくても同等の価値があるくらい、やはり一時の恋とは尊いものであり、

なにものにも測ることはできない。

 

夢、他人の評価軸に合わせ、自分を磨き手に入れる地位と名声、

 

恋、自分の高揚した感情にまかせ押し進める幸福、

 

どちらが正しいも、どちらが賢い、もないのだろう。

それは結果論でさえないのではないか。

 

ただそんなすべてが愛おしく思える。

 

それがこの映画のメッセージなんじゃないだろうか。

 

まあ、なんにせよ、刺さるねーこの映画は。

ノリの割にはエンディングを丸投げしてくる。

 

対称的なのか作品賞を取った「ムーンライト」のほうも

なんか折に触れて刺さり方を考えさせられる。

 

考えると、いい対決だった、ムーンライトとラ・ラ・ランド

 

指原莉乃さんが感銘を受けた、ということは

彼女も同じような恋と夢に、想いを持っているのだろう。

 

なにかを得ればなにかを失うんだとしたら、

人間に「ベストエンディング」を感じ取る力なんてないんじゃないだろうか。

 

今あるものに足るを知る、今を感謝する、

つつましくも、ありふれた考えである。