堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

映画「エウレカセブンハイエボリューション」家出していたのは僕たちだ。ネタバレなし編

尾崎豊の息子尾崎裕哉が主題歌!ということと総集編だよ、ってくらいしか情報は
入れずに見に行きました。

f:id:welldoneh:20170921224418j:plain

ネタバレなしで
まず確実に言えるのは
 

序盤の新作である父アドロック・サーストンのエピソードは超観た方がいい。

 
そして本編はなかなかわかりづらい(;´∀`)
場所などの説明字幕がすぐ消えます(あー、まだ読んでるのに)
 
ピロピロピロ・・・ぴっ!って感じで
これようするに解釈するなら、すごい情報量の雰囲気を出している、ということでしょう。
 
はい、この二つだけで十分でしょう。
 
上記からしてまず、TVシリーズを全く知らない人はかなりハードルが高い。これも注意点。
 
ただ、解釈の仕方によってはおおおお、って思えることも多くあり、
賛否両論ありますが(こういう場合だいたい否が多いんですが(;'∀')
 
今後どうなるんだろう(*´ω`)
 
これだとなんにも語ってないことになってしまうので
一つだけ・・・・
 
主人公の父アドロックの声優さんはなんと
ガンダムパイロット、アムロの声優「古谷徹(ふるや とおる)」さんです。
 
この意味。
 

ガンダム」から「エウレカセブン」への継承の意味。

これだけで十分このエウレカセブンハイエボリューションが位置づけしようとしているものがうかがえる。
 
さあ、このレントンがいうなら「最悪の重荷」をファンは背負おうではないか。
 
ちなみにこのレビューシリーズ
ネタバレをあまりに恐れすぎてこれくらいしか語れません(;´∀`)
実はかなーり語れることはあるんです。
 
では・・・・
 
ネタバレあり編に・・・・続く!!