堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

ヤマカンさんの炎上発言、真意を救い取れるか

ヤマカンでおなじみの
山本寛さん(アニメ演出家、監督)の発言が炎上すべくして炎上している。
これがちょっとすごい(*‘∀‘)
が・・・・この一連のやり取りをみればなにが事の本質か、はなんとなくわかる。
 
問題はいくつかある。
当然障碍者なんて言葉は使うべきではない。これは冷静に言葉の配慮を指摘すればいい。
 
と、いえば悪魔でもいい、という。
 
これは明らかに今までの仕事で叩かれまくった経験から刻まれた痛みから来ている。
 
「犯罪者」というのは
別にみんなが犯罪を犯しているわけではなく、
文化全体が今の炎上のように「人を裁き」、法ではない超法規的な掟を作った
実は閉じた文化である側面を持つことへの警鐘なのかな、と僕は思う。
 
例えば社会的犯罪者ではないとして、人の業としての罪を犯すもの、だとしたら
これなんとだって言える。
 
アニメを持ってしてなにを、この人がもたらそうとしたか、の祈りや願いがどれほどまでのものだったのか、などを推し量らない限りただの言葉の揚げ足取りに終わるだろう。
 
どう考えてもヤマカンは辛いのだろう、。
 
議題の本質を見極めて、話を進めるべきだ
最近のアニメ「ゲーマーズ」だって最終話で
ゲームってクソだよね、という反対意見に向き合った。
 
さあ、オタクの真価を、進化をみせるべきだろう。
 
僕が始めのこのニュースに触れて思ったのは
「ヤマカンさん、、、みんなあなたのように強くないんです」
という仮面ライダー響鬼のようなセリフです。
 
がんばれヤマカン、がんばれオタク(*´ω`)