堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

グレンラガンの再放送がおもしろすぎて衝撃的「みなさん気合ってなにかわかります?」

みてない人にも意味がある説明をしたいのですが、
天元突破グレンラガンというアニメがあります。

 

かなり序盤で重要キャラクターが亡くなります。
 
明確に3部(正確には4部)に話が分かれていて
主人公の少年期(そのキャラの死にぶち当たる)
 
青年期(新しい出会いと宿敵との対決)
 
大人編(みんなが新しい暮らしを始めた世界で衝撃の展開、
人類と宇宙全部みたいなどでかい戦いになる)
 
はじめっから序盤に死を組むこんだシナリオになっているんだけれど
(ガイナックスのシナリオの練り方は半端ない。岡田斗司夫さんの本を読んだりしているとあらゆるパターンを考えつくしている)
 
あまりにその死が衝撃的で、新しいキャラクターや展開がまったく受け入れられなかった。
本当にもう見ててつまらなかったのだ。
それが今回見返してみて、ぜんぜん、入ってきていなかった部分が全部きちんとみれた。
こんなにおもしろかったのか。・・・・グレンラガン。最終回の熱血のボルテージだけしか記憶になかった。
 
気合だけで突き進むように見える展開、ドリルの力、螺旋力(らせんりょく)もきちんと気合とは二重らせん構造を持つ人類が生きて前に進むための力、という説明がされている。
 
恋も気合も、友情も、とてつもなくポジティブで敵を打ち砕く力を持つ。
グレンラガンはアニメそのものである。(これたしか前に「あばよダチ公」のレビューで言ったような(;'∀')
 
ここまで初見とのギャップがあった作品はたぶんない。
裏切られた気持ちになって人生の色を感じられなくなる心のようである。