小説新人賞を目指す芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

「俺のプリン」(ファミマ)から学んだこと

暴力的な容量だけが売りの
ファミマの「俺の」デザートシリーズ

とりわけプリンはカラメルがないので
味気ない。

途中で、これ甘い茶碗蒸しや!と虚しくなる。

意気揚々と「何回に分けて食べよかなー」と思ったけれど、

次の日に食べるのが億劫に・・・・


と!思ったら、次の日、
味のハードルがグッと下がってるのか、あれ、なんか癖になる(;^ω^)

二周して美味い。

期待しない、というのもある意味テクニックだ。

期待して裏切られて、ハードル下がるとまた美味い。

これを「俺のプリンの法則」と名付けよう(;´∀`)

てかカラメルつけろよ(*‘∀‘)(「しっかりカラメル風味」と書いてある(;^ω^)