ライフハック芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

映画「メアリと魔女の花」はなにを伝えようというのだろう。よくわからんけど泣ける

事前情報を入れずに観た。
 
天海祐希さんと佐藤二郎さんと小日向文雄さんの声はわかった(*'▽')
 
で、結局、魔法の設定や世界観などいろいろあるけど
なんだかあってもなかってもよかったんじゃなかろうか?というよくわからない設定だった気がした。
 
結局のところ何を伝えたいのか、、、、
 
 
思わずもらい泣きというか反射的に涙が出てしまうのが
 
純真、というもの。
 
人間が決意した瞬間の、あの表情、自分の身を省みずに決意する瞬間の美しさは
涙するしかない、気がする。
 
結局は架空の魔法でも素敵な世界でもなんでもなく
伝えたいのは誰の胸の中にもある、あの純真だったのではないだろうか、と思った。
 
エンドロールで流れるSEKAI NO OWARIの
「RAIN」という歌で最後にダメ押しの泣き・・・・
 
虹のかかる空には 雨が降っていたんだ、
 
というなんと素敵な言葉。
 
その雨が、草木を育てていた、、、つまり消えてしまう虹の美しさの裏に
世界を育む雨の日があったんだよーという歌が実によかった。
 
アリエッティもマーニーもすごく泣けるけど
この作品にも泣いてしまった。
 
う~ん、エンドロールの感謝「宮崎駿、高畑勲、鈴木敏夫」にも
すごく感慨深いものがある。
 
公開当時、子供に観て欲しい、とか子供の感想が聞きたい、という声が多かったけれど
大人にとっても十分感じ入るものは得られると思う。
 
純真は子供だけのものではない(個人的考え)
↑ここかなり重要。