堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

日本サッカーベスト16へ!史上最も考えさせられる展開!?

ご覧になった方はお分かりの通り
 
1-0で負けているのも関わらず
ラストをずーーーっとパス回しで時間稼ぎ終了
 
もちろんそれは別会場の試合の結果で決勝トーナメント進出に行けるから、なのだけれど
 
もしもセネガルがギリギリで追いついたら終わり・・・・
 
せこい時間稼ぎをしたにもかかわらずダメでした、という展開もありえた。
 
 
ピカチュウの耳をつけながら応援していた女子はどんな気持ちで見ていたんだ(;^ω^)
 
それもフェアプレーポイントという警告の回数でクリーンな試合をしていたから
 
行けた、という皮肉。
(ここは笑うところではない( ˘ω˘ )
 
リーグの順位の横に「pts」というのがずっとあって
あれ?韓国だめなの?なにこのptsってがずっと気になってた。
 
調べても出てこない
クリックしてもエロサイトに飛ぶばかり
(おい、それウイルスに侵されてんだよ!!ここ笑うとこ!!( ゚Д゚)
 
とにかく、
決勝トーナメントに行けた。
 
でもリーグすべてのトータルポイントで算出されるものでリーグ敗退が決まるのだから
ギリギリで賭けに出てあの展開はまったく間違ってない。
もしも、セネガルが頑張って、日本が敗退しても、間違ってはいない。
 
それでも、
遅延行為にイエローが出されるのに、あれは出されない、というのも不思議、
ボクシングなら確実に警告される。
 
あれだけ「熱くなれるか」と言っていたが今回は
どれだけ「クールになれるか」・・・となった。
 
ある意味もっともつまらなく、もっともおもしろい展開だった。
 
もしもセネガルが追いついていたら、
このメンバーは一生を後悔したかもしれない。
 
でもそれはどこに視点を置くか、による。
逆にサッカー通はうなるんじゃないだろうか、
日本サッカー自らの立ち位置を知りここまでできるようになったのか、、、と。
 
浮き球をヘディングで叩きつけて前線のスペースにパス、なんて
いったいどこで覚えたの~、とさすが海外でプレイしているメンバーだらけのサッカー勘は
確実に研ぎ澄まされている。
 
いやー、すごいわ。
ワールドカップはとにかく驚かされることばかり。
 
さあ、頑張れ日本。