ライフハック芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

今から間に合うMHW(モンハンワールド)「初級中級まで何をしたらいいか」

さあ、ついにFF14とのコラボ。強敵「ベヒーモス」も登場

f:id:welldoneh:20180802004304j:plain

ということで、私もHR100を超えた。
(100というとファミ通でゲーマーのコラムで「やっと100」というくらいだからなかなかのもの)
 
廉価版も出たモンスターハンター:ワールド
 
ここまでに得た知識を総動員してレビューおよび
中上級者あたりまでいかにすれば辿り着けるか、簡潔にまとめてみたい。
 
 
今からMHWを始めると
「ナナ・テスカトリ」の登場のおかげで重要な「体力ゲージが上がる」スキルをつけやすいので一気に初級の階段を突破できるだろう。
 
やっぱり面白いモンハン。
ただ「ワールド仕様」のため裾野を広げたため、難易度はだいぶ下がっている。
(僕のようなにわかには嬉しいが、歯ごたえを求めすぎるとサクサクっと終わってしまう)
 
ただ今後のコンテンツが激しいのを用意しているようで
まだまだ「重鎧玉」までしか登場していない。
 
HRの高い人はもうやることがなくなり、ある程度落ち着いている。なので今から参戦するならこれから再燃する世界に追いつけるだろう。
 
まずHR16までが普通のストーリーとして進み
ワクワクの連続。(ベテランには物足りない)
 
古龍を狩って武具を揃えてバウンティ配信で玉を集めて最後の武具を完成させよう。
 
HR開放から30まではサクサクっと進めてしまいたい。
30以降防具をさらに防御力強化できるため。
 
序盤を丁寧にやりすぎると後からもっと急いでやればよかった、となりかねないので注意(アイテムやお金は余ってくるので)
逆に序盤のストーリーを大切にしていきたいこだわりがあれば、それはそれで大切にすればよい。

f:id:welldoneh:20180802004343j:plain

急ぎたい場合はオンラインでばしばし手伝ってもらいながらサクッと進めたい。
(この場合コミュニケーションの部分で楽しく感謝して盛り上げるとよいかも( ̄▽ ̄)
 
装飾品はとにかく運次第なのであまりうんうん装備に悩むより、おんぶに抱っこでバシバシクエスト回していただき装備のバリエーション増やしつつHRを上げてしまうのが良い。(ネットでオススメの防具を調べてその通りまずは揃えてしまうのがよい。長いものには巻かれよう)
 
HR50に行くといよいよ、ほとんどクエストに参加できるようになり、ついに武器のカスタム強化が可能になる。欲しいものが全然出ない場合出てきた龍脈石に従いそっちの武器を作ってみるのも良いだろう。(回復付与は初心者には感激)
 
僕は大剣ばっかり使っていたので
ランスで防御しながらモンスターの動きを凝視したときいろんな発見(モンスターと対峙している感じや隙を伺う楽しさ)があった。
初心者はランス、ライトボウガン、がセカンド武器にオススメ!
 
HR30くらい以降はショートカットに秘薬を入れて、秘薬を調合する栄養剤Gとマンドラゴラさらに栄養剤とハチミツ、を持ってガンガン秘薬を活用しよう。
疎かになりがちなショートカット作成、登録は重要なので早めに体得してしまおう。
 
古龍を狩るようになるとその骨を売ることでお金にはまず困らない。(困るようならガンガンクエスト回そう。古龍は狩りまくることになるので素材はバンバン売って構わない)
 
マム・タロトに関しては回すのが大変なので回す仲間に恵まれればそれにあやかり、強い武器が出たら大喜びで育てよう。
 
足を引っ張らないようにするにはまず死なないこと。弱いうちは「体力増強、精霊の加護」はまずつけてました( ̄▽ ̄;)ランスで防御し続けるのもありでしょう。(防げない攻撃はすべてのフリークエストをクリアすると作れる護石を持ちたい。それクリアしてればHRも上がる)
特に瘴気のあるクエストで瘴気耐性3をつけないととにかく嫌われるのでつけましょう。キリンの雷耐性、テオの火耐性も。
 
結果的に早回しになるので鬼人薬Gなども常に作るくらいの戦略があるとさらに良い。(僕はHR100になってようやく鬼神G、粉塵、種を常に持ち歩く決意をしました)
 
秘薬など貴重に思えるアイテムも途中からアイテム錬金ができるようになる。
その錬金の素材もはじめは足りないのでやっぱりとにかくHRあげがてらクエストを回しまくるのがとにかく近道。それぞれの対古龍装備を整えるのが楽しい。
(クシャルダオラは風圧無効のクシャ装備など)
 
急ぐと忘れがちなオトモ武器のクエストも楽しく可愛いのできちんとやってみよう。
 
ただ機械的に回すのに飽きたら、いろんな武器を試すとモンハンの奥の深さに触れられる。
急ぎながらもいそぎすぎず、
 
目標をみつけ、その情報を集め構築し、それに向かうのが楽しい。
 
大事なのは
「楽しむこと」といろんなハンターが答えを出している。
 
 
サークルの仲間からの励まし、
遊び、を学び
 
動画からのテクニックの繋がりや広がり、を学ぶ。
 
モンスターの動きを意識した100戦と意識しない100戦、その違いが出るのは自ずと明らかである、という格言は身に染みる。
 
 
無数の山の登り方があるのがモンハンのすごいところ。
さあ、今後の盛り上がりに期待して・・・
 
レッツ、モンハンワールド!