堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

夜明け告げるルーの唄

「夜明け告げるルーの唄」という映画がありまして


これがなぜか「この世界の片隅に」と文化庁メディア芸術祭の大賞を同時授賞しているので速攻見た。


絵にとてつもなくクセがありすぎて
抵抗がある人も多そう・・・・


かなり疑心暗鬼でみた・・・・・

 


ただ最後の方まで頑張ってみてみると


後半のメッセージは深く届いた
斉藤和義の唄をギターで主人公が
練習して歌っているんだけれど


人魚と敵対する人間は
誤解しあっていて


人魚は悪くない、という構図


最愛の人を亡くしたものはみな人魚に憎しみを抱く


しかしそれは誤解。


「なぜもっと早く言ってくれなかったんじゃ」という言葉がとても重かった。


斉藤和義の
「歌うたいのバラッド」これも有名


唄を歌うことは難しいことじゃない。
本当のことは歌の中にある。


↑この意味がとても重要に思えた。


本当のことは現実なのか虚構の中にあるのか、


劇中にある
「お前自分の気持ちを正直に言ったことがあるのか」


というセリフ


本当のことはこうした物語の中にあるのかもしれない。


世界は本当は優しいのだろうか、
と思った。


「本当のことは歌の中にある」こと
「歌うことは難しいことじゃない」
この二点において
すごーくこの歌と映画が重要なことに思えてしかたない。


ラスト30分までは退屈だったけれど
観てよかったと、思える。


ほんとうのことは
歌の中に、本当にあるのだろうか?


こうした全ての創作物の意義を
問いかける。