堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

映画「関ケ原」これは見応えあり!

借りたもののそれっきりなかなか見る気にならなかった映画
 
何で借りたのだろう?
 
こういう戦国物はちょくちょく制作されるが
予定調和のお決まりって感じがする・・・かと思ったら
 
描写が見たことのないものが多かった。
 
槍で中距離から串刺しにし続けるリアルな戦いや
鉄砲も槍も、盾も戦術を駆使して泥臭い一進一退をしている。
 
ボウガンを使ったり
朝鮮語を使うものいたり、
 
司馬遼太郎原作だからか、むちゃくちゃリアル。
 
斬新な描写。さらに、伊達や真田のようなスターはあまり出ない。
島左近に小早川秀秋、大谷吉継、
晩年の豊臣秀吉の老衰ぶりが凄まじく、これはやっかいな描き方をしている。
 
人間の荒々しい粗雑なリアリティが実によく映像化されていて、
これが本当の姿なのか、と説得力がある。
 
構想は大昔からあったらしくなんと1991年から、という・・・
これで最優秀作品賞じゃないのか!(最優秀は「三度目の殺人」)
 
司馬遼太郎原作の映画かは「梟の城」以来19年ぶりだという。
それを知っていたらきっと映画館で見ていた。
 
ただこうした歴史もの、複雑な言葉や人名が多く出るのでこうして
Blu-rayなどで字幕付きでみるととても易しい(*´ω`)