堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

幕末抜けての明治初期は物語としておもしろすぎる「日本人ならお茶漬けよりも司馬遼太郎」

翔ぶが如く


がやっと5巻まで行った。(もうこれやり直しも含めて10年くらいかけて読んでいる(;^_^A


超長い小説でおなじみ。


るろうに剣心でいうと京都まで馬を走らせる佐之助が、急げ!!「とぶがごとく!!」というセリフで
お馴染み?ですが・・・


幕末が終わり明治政府ができるんだけど
西郷が隠居してしまう。


明治政府は実は幕府の方がまだましだったんじゃない?というほどグズグズな体をしており
それを危機と思いながらも


いきなり台湾に兵を送る愚を実行してしまう


それを解決するために大久保さんが新橋駅に立つ!その時に
幕末の要人が見送りにくるのだけれど


フロックコートを着た勝海舟が出てくる。

 


おおおお、これってアニメとかで言えばすんごい燃える展開であり
アニメの二期とかΖガンダムのような感じがする(いや例え合ってる?(;´∀`)


幕末すぎての明治はいきなりワールド編になるわけだから
文化を構築していくところから始まるので実におもしろく、勉強になる。


現代の法案だって、種をまいてそれがのちに本当に例えば戦争になる、かもしれなければ
力強い日本、になるのかもしれない。


木戸孝允(きどたかよし)は教育こそが大事、どこに金つかってるんだ!というところにすごーく共感するし
とにかく明治初期はおもしろい。


いやー、司馬遼太郎はおもしろい。