小説新人賞を目指す芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積~ポケットの中と呼ばれてもいい、僕は自由のための闘争をする~(*‘∀‘)

MENU

実は映画を観にいったのにもゲームを買ったのにも明確な目的と野心が。

「ANEMONEエウレカセブンハイエボリューション」
映画初日、朝一、に無理して観にいったのには
単純に観たかった(;'∀')他に圧倒的にわけがある。


初日最速でレビューを上げたら
どのくらいブログのアクセスに影響がでるのか知りたかった。


それが思うようにいくのならこれを日課にしよう!と・・・


ただ、調べるとさほど影響がないようで、
銀魂映画の場合は効果があったのは母数の違いか?(検索数が桁違いなのかも)


調べていたらまた苦しい事実に出会った。
ブログのアクセス数がやっと昔のアメブロ時代に近く安定している…と思ったら
あの時と同じようにやはり「ゲームの攻略記事」が圧倒的に読まれているのだ(;´∀`)


え・・・え・・・・!!!
これ前に調べたとき同じことが起きたのだけれど、
あえて書いてみた攻略記事がやはりヒットしている。


ようするに前と同じことを書くと、
人は、誰かの言葉なんかに興味はなく


「目の前のゲームの課題をクリアすること」のほうが重要なのだ。


当たり前、と言えば当たり前、である。


僕自身がこの世界の「ゲーム」の「課題」つまりこの現実事態を
受け入れてクリアしないかぎり僕はこのままだろう・・・・( ˘ω˘ )


で、アクセスなんか稼いでどうするのにも明確な目的がありまして


ようするにそれをもってして出版したいときに、力の根拠として
企画書に盛り込めるからなのです。