半沢芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんコスプレ芸人ウェルダン穂積~ポケットの中で自由のための闘争をする(*‘∀‘)

MENU

親が癌になるということ

堀ちえみさんの闘病ニュースや
様々な方たちが癌と闘っている。
 
70歳を超えると二人に一人は癌になったことがある、というくらいの病気である。
 
いろんな闘病記を見ると、50代でなる場合も多い。
(堀ちえみさんは54)
うちの母親も長い闘病生活をしていて
先日手術があった。
 
 
なんでこんなことをいきなり書くか、というと
こうした大事なことを通じて大切なことを伝えたいから。
 
本当に想う。
人生は有限なのに、
そんな言葉を使っていて良いのか、
そんな考えで他人を貶めていて良いのか。
 
別に説教臭いことを考えたいのではなくて、
 
どうしたら、人生のシビアな当事者を体感して、
同時代性に生きて、
 
本当に大切な人生を生きる情熱を獲得できるか、考えたいのだ。
 
人間というのは本当に、夏休みの宿題現象と同じで、
ギリギリになって、目の前にそれが来てようやく気がつく。
 
美味しいものが食べられる、というのがどれだけ大事か、というのを言葉ではいくらでも
知っていても心からそう思える感覚はなかなか体得できない。
 
片っ端からガイドブックのようなものを読んでいると、
こうした場合にこそ、人生の本質が現れるのがよくわかる。
 
いかに正しい知識を周りの人間がもつことが大事か。
ただ、話を聞くこと、そこにいること、が大事か。
 
シンプルに生きる意味が示されている。
 
生きることの、意味を、遅くなる前にはっきり認識していたい。
 
と、いうことで焦って厄払いに行ったのもその、親の手術の当日でした(;^ω^)