ライフハック芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんコスプレ芸人ウェルダン穂積~ポケットの中で自由のための闘争をする(*‘∀‘)

MENU

イチローさんの会見で語られていた衝撃的なこと。「哲学」

ニュースを見るとイチローさんの引退にやはりスポットが当たっていたけれど
案外、というか当然、ありがとう、に焦点を寄せている。
 
ワイドナショーでプロアマ規定について親が子供に教えられない制度についてちょっと
触れていたのが意外だった、と語っていたが、
 
そのさらに後半、
野球は本来頭を使う、それがどんどんそうでなくなっている。
(これはファーボールを投げなくても敬遠できるシステムなどにも通じるのか。イチローさんは懸念していた)
 
日本の野球だけでもそうであってほしい、と
 
野球愛と誇りについて語っていたのが衝撃的だった。
 
 
ラストの試合の時、
カーンっとバットに球が当たったが打ち取られる。
 
この時、実況で「いやー、今のはイチロー選手もいったとおもったんじゃないですか?」というのに
解説の元エンゼルスの長谷川さんが「それはないですね。彼は凡打も打ち分けられる」
 
と語った意味が深い。
 
よーするにここまで徹底的に自分を鍛え上げサイボーグとまで言われた職人は
ミーハーな捉え方ではなく、分かってしまうのだろう。
 
だから、会見でもミーハーな質問は嫌っていた
 
最後の方の自分の見え方の違いはあったのか?という趣旨の質問に
(質問としてはしごく妥当だと思う)
 
「それ今ここで聴きます?裏で話そう!」と言ったのはまさにそれである。
 
見え方の違いがなかったわけがない、ということだろう。
 
だからラストキャンプ、誰よりも孤独の中で練習をしていなくてはいけなかったイチローはそれをささやかな誇り、としたのであり
 
最後の打席が、お、あの内野安打か!?と思わせるようなシチュエーションに
独特の哀愁を僕は感じた。
 
 
とりあえず、あまり語りすぎることを好まない野暮な態度はイチローさんは嫌うだろう。
だから会見の終盤がとても面白くなっていて
 
いやー最後まで付き合おうと思ったんだけど、腹減った!とルフィみたいなことを言い出す(;´∀`)
 
この「会見」というもの事態が
誰も本質を突くような質問をし続けられるわけではないから、真剣すぎるイチローさんにはもうあそこまでで十分なのだ。
 
それらすべての哲学をもってして「イチロー節」として表れているだけなのだろう。
 
そう、思いながら、あー、あの会見はおもしろかったなーと思った。
 
そう、考えると真剣に向き合う考えと答えをもつイチローさんは超解説向きの可能性が高い。
と今後のことを言うのはきっと野暮なのだろう(;'∀')