ライフハック芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんコスプレ芸人ウェルダン穂積~ポケットの中で自由のための闘争をする(*‘∀‘)

MENU

Numberの巻頭ってGETSPORTSのエンディングみたいだよね。天才を特集した「Number」が良かった。久保建英と井上尚弥

サッカーの天才を特集した雑誌「Number」が良かった
 
銭湯で紙媒体できちんと読み込む
 
注目の久保建英、やっと「たけふさ」と読むことを知った(;´∀`)
 
真面目で語る語る。
 
努力と誠実に課題をこなす人物であり、天才という言葉があまり似合わないという・・・
(理論を突き詰めた動きを探求した必然が今の姿なのだという)
 
一気にレアルに行ったというより
バルセロナでずーっと育成されて日本に帰ってきただけで
 
あっちに帰っていったという見方もできる。
 
いったいどこまでなにがすごいのか、、要注目だ。
 
そして、小野伸二の語る「マラドーナがボールを持つとなぜあんなにワクワクするのか、それをずっと考えていた」というのが興味深い
 
確かに小野も、中村俊輔もそうだった。
 
 
僕も、そんな文章を書きたい(;'∀')
 
そしてやはり、ゴールキーパーにも「大迫」いたね。
どうもザワついていると思ったら・・・。
 
 
そして「天才なんてもんじゃない」というボクシングの「井上尚弥(いのうえなおや)」これは
もうすべての面で満点でさらに上乗せされた点があるという、
日本ボクシング最強の声さえある、すげーことになっている、らしい。
 
なんだかNumberの巻頭特集は
「GET SPORTS」のエンディングのダイジェストのようでどちらもわかりやすい。
 
いろんなシーンにいろんな天才がいる。
 
さて、我々はどれだけワクワクできるだろうか。