ライフハック芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんコスプレ芸人ウェルダン穂積~ポケットの中で自由のための闘争をする(*‘∀‘)

MENU

あなたも観たくなるレビュー。「天気の子」が「君の名は。」よりおもしろい決定的理由・・・新海誠おそるべし

好みもあるのであまり優劣をつけるものではないけれど
 
圧倒的に「天気の子」の方が面白かった。
 
ネタバレのない中で短く書くと、
一番初めに「キャッチャーインザライ」の小説を少年が読んでいる、という描写が出てくる。
 
これが数回出てくる
(つまり、気づく人だけが気づけばいい、というレベルではなく明らかにメッセージを放っている)
 
この「キャッチャーインザライ(ライ麦畑で捕まえて)」は文学界のどメジャー作品で
純粋な青年が、結構精神的に危うく、暴発してしまいそうな心の繊細さと美しさと、世間を「インチキ」と
認識する青年の心の美しさを描いているあまりに有名な作品。
 
で!  これがどういうことか、というと
 
おお、これ文学に踏み込んでくるんじゃないか(;・∀・)・・・・と思った。
 
つまりただのエンターテイメントではない、新海誠監督の本音を織り込んでくる気かもしれない、、、と。
 
 
情報も入れずにただ観にいくと良いと思う。
(どんどん変なハードルが上がるだけなので)
 
新海誠は確実にハードパンチを打ち込んでくる。
まぐれ当たりのパンチなど打たない確実なセンスを持っているようだ、と劇中にはっきり思った。
 
PVとしてドはまりしているっていう点ではさすがに「君の名は。」のほうが良かったと思うが、
とにかく観にいった方がいい。
 
「君の名は。」もそうだったけれど、コラボして現実の商品名やお店がバンバン出てくるところが
日本の業界の総出演みたいな気がして、これだけの良作であることが誇らしくさせ思えてくるから不思議だ
 
デジタルの絵になった昨今のアニメに何か物足りなさを感じることが多いが、
これは「日本のアニメ、行ける!」と思わせる表現が無数に溢れている。
 
ということで大絶賛、100点です。
 
次回『ネタバレなし編「天気の子」がすごすぎる』・・・に続く!
 
ーーーーーーーーーーーーーー
Twitterやってます!フォローしてくれれば幸いです
 
オンラインサロンはじめました
「ウェルダン穂積のライフハックラボ~最弱ライフハッカーは優しい世界の夢を見る~」
最弱ライフハッカーと共に戦うサロンです。応援いただけると幸いです。
 
リンク↓