ライフハック芸人ウェルダン穂積の「ポケットの中の闘争」

by堺雅人さんコスプレ芸人ウェルダン穂積~ポケットの中で自由のための闘争をする(*‘∀‘)

MENU

人事は自分以上のものを雇うことはできない、の意味

漫画「エンゼルバンク」は
ドラゴン桜の外伝ではあるが正統な続編であり、


社会に切り込む。


人事部の話で
就職しようとするものが会社の内部、ブラックなのか、倒産寸前なのか、
働きやすいのか、魅力的なのか、


見抜こうとしているくだりがあり、


人事は自分以上のものを雇えない、という。


それはもちろん、自分自身が部下がついてきたくなるほどの魅力がない限り
上に立てない、のと同義であり、


人格を磨くことが大切であることでもある。
これはドラゴン桜2でも出てくる。


人を見下して、人格を磨かないものは何度やっても東大に受かることはできない。
心理学に照らすと学歴の低いものほど(男の場合)人に対してマウントを取ろうとする。(女性の場合コンプレックスが多いという)


僕は
「人は自分のものさしより大きなものは計れない」と思う。


エンゼルバンクが言いたいのは
常識とは違い、「人は感情を求めている」のが本当のところであり、


社会の厳しい現実を訴えながらそれを言う、ということは
つまり


人は厳しく、感情を求めている、のかもしれない。


と、すると、
僕は会社の代表をさせてもらっているのだけれど


「優しいことに厳しい会社でありたい」と
第一に思っていたのは間違いでなかったのかもしれない。


それにしても、人は石垣、人は城、である。