コスプレお笑い革命家は人生倍返しする「ポケットの中の闘争」〜最弱人生の変え方〜

半沢直樹など堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積が、金も時間もない最弱の人生を、アニメ、映画、読書、YOUTUBE、その全てでライフハックして人生を変えるために奮闘しています!

MENU

そこに葛藤はあんのかい?

原発依存社会を継続。と新聞に文字が躍る。

難しい議論がいろいろあるだろう。
どんな小さな議題にしても僕はいつも思うのが
葛藤の末に出したものなのか、それとも信念と言いながら驕り
相手の心を軽く見積もったものなのか。

政治家などのエリートから来やすい人はきっとヒエラルキーの下に
いることが少ないので、(本人からしたらそんなことはない!と言うだろうが)

自分の信念を鉄壁だと過信しやすい。そんな発言が多い。
僕自身、原発のことに関しても何度も自分の中で揺らぎ、「脱原発論」を読んでは揺れ、成長戦略ならいたしかたない、とも取れるし、まだ納得のいく議論はなされていない。(僕の中で)

優柔不断と葛藤は明らに違う。だから僕は前の首相の野田さんは好きだった。単純に好きとかではなく表舞台から去るにはあまりに惜しい男だと思う。

産業界の声がある。結果だけ聞くと葛藤などなかったように思えても
そうではないのかもしれない。

いったいなにが正しい答えなのだろう。
教えて、ドラえも~ん、か池上彰

=告知(お笑い・ボランティ活動・書籍など)=

「愛や夢」を大切に思うこと。
日本のサブカルチャーが熱病から醒めたドン・キホーテのように虚しいニ
ヒリズムに覆われないためにリアルに打ち勝たなければいけない。
無数の解釈から、ひとつの願いを語る勝手を少しだけ許していただきたい。(「たかがアキバ、されど秋葉原」より抜粋)