半沢ものまねコスプレ革命家は人生を倍返しする「ポケットの中の闘争」〜最弱人生の変え方〜

半沢直樹など堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積が、金も時間もない最弱の人生を、アニメ、映画、読書、YOUTUBE、その全てでライフハックして人生を変えるために奮闘しています!

MENU

シリーズ「過去からの声」〜子供〜

記事が前後してしまっているが
これが「2」

うん十万を出してかった自己啓発プログラムを
引っ張り出してみている。

photo:01


これを見て欲しい。

なんと目標設定やいろんなことを書き込む項目の中
自分の誕生日をなにを思ったか5月に間違えて書き込んでいる。
(本当は11・24)
字も汚い。
これはバカなのと、きちんと書き込むのが大事なのに
学校の授業のように意味がない、と自分で始めたのになめていたのだろう。

しかもこれ20歳くらいのころだから子供でもないというのに
昔の子供の頃のものを見ているようだ。

当たり前だが健康は大事だということが強調されていて
健康にたいしてなにができたかを毎日記入するようにできている。

よく、昔、ゲームやなんかの攻略シートを自分で作っていた。
だったら人生の攻略シートを作ることは楽しいことだろう。

たくさんの細かいことを記入し改善すること、
これほど意味のある行動もない。

シリーズとしてこの記事を書いていく。

今度こそ自分を変えられるだろうか。
ーーーーーーー
=告知(お笑い・ボランティ活動・書籍など)=



「愛や夢」を大切に思うこと。

日本のサブカルチャーが熱病から醒めたドン・キホーテのように虚しいニ
ヒリズムに覆われないためにリアルに打ち勝たなければいけない。

無数の解釈から、ひとつの願いを語る勝手を少しだけ許していただきたい。(「たかがアキバ、されど秋葉原」より抜粋)