半沢ものまねコスプレ革命家は人生を倍返しする「ポケットの中の闘争」〜最弱人生の変え方〜

半沢直樹など堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積が、金も時間もない最弱の人生を、アニメ、映画、読書、YOUTUBE、その全てでライフハックして人生を変えるために奮闘しています!

MENU

ハッピーニュー晦日!!


・・ついに2013年最後の日。
今年はあまりにいろんなことが特に12月に集中して起きた。
第一大吉という最高の運勢だったのだけれど、
来る、必ず残りの数カ月で来る!
と確信して引き寄せたものがいくつもある。

今年の出来事ベスト10みたいなことも
ゆっくり考えたかったが

そっくり館キサラ出演
が一番大きくてめでたい気がする。

相方の「お願いランキング」出演も感慨深かった。

コミケのまとめで半沢直樹が取り上げられたことも大変感謝です。

12月頭は地獄のような気持ちになっていたというのに。
運命に導かれるようにSMA(ソニーミュージックアーティスツ)に戻ったこと。

ブラックジャックによろしく!の佐藤秀峰先生にお会いしてインタビューさせてもらえたこともかなりのビッグサプライズだった。

R1ぐらんぷりの一回戦も通過させてもらえた。

とりあえずここまでこれたことに感謝。
相方と共に登れたらなお幸いである。

感傷よりもなによりも、
僕は上に行く、上に行ってやることがあるんだ・・・
(お前は半沢直樹か!)

まあ、それは語れる時に語るとして、あまりに出来事が重なっておきすぎた。ブログや書籍を読んでいる人ならば僕が何をしようとしているかお分かりのはず。

行こう、共に!
新世界の幕開けだ!!
(いや何しようとしてんだよ!こえーよ)

ーーーーーーー

http://ameblo.jp/welldonehozumi/entry-11532931824.html" target="" title="" class="">=告知(お笑い・ボランティ活動・書籍など)=

「愛や夢」を大切に思うこと。

日本のサブカルチャーが熱病から醒めたドン・キホーテのように虚しいニ

ヒリズムに覆われないためにリアルに打ち勝たなければいけない。

無数の解釈から、ひとつの願いを語る勝手を少しだけ許していただきたい。(「たかがアキバ、されど秋葉原」より抜粋)