コスプレお笑い革命家は人生倍返しする「ポケットの中の闘争」〜最弱人生の変え方〜

半沢直樹など堺雅人さんのコスプレものまね芸人ウェルダン穂積が、金も時間もない最弱の人生を、アニメ、映画、読書、YOUTUBE、その全てでライフハックして人生を変えるために奮闘しています!

MENU

ドラマ「デート」が深すぎる。〜NEETも辛いよ〜



悲しくて呆然として やるべきこともできなくて
ただだ他途方に暮れてばかり、それが人間だよ。大切な人の死って、そうやって迎えるもんだろう?
↑のセリフ。

これ自体、NEETの特質を現わしているともいえる。

人間というものの括り、許容範囲の寛容さ、が社会に求められる。

「不埒だ、だがそれも生き方だ」
という父のセリフ。

そして
「 妻を支えて家庭を守る。きっと外で働くほうが楽だぞ 」
という。

NEETこそ辛い、ということはないが、
NEETも楽じゃない。

かと言って生きることは辛い、なんて
誰が言い出した?

つまらんルーチンワークの中にも光がある。
 華やかな世界も地に足をつけなくては生きられない。

恋というものが魔法ならば
きっと人間の生きる大切なヒントがあるに違いない・・・と無理矢理着地してみる。